GOMエンコーダーの動画変換中の画面の意味や操作方法など。

ウィンドウ > 変換画面

変換画面

No 名称 説明
1 タブ 変換中のファイルの情報を表示するタブと変換ログを表示するタブがあります。複数のファイルの同時変換(マルチエンコード)時には[変換1][変換2]というように表示され、各ファイルの変換中の情報を確認できます。[変換1]などそれぞれのタブを右クリックすると、個別に[キャンセル][一時停止][再開]ができます。[変換ログ]タブでは全体の変換ログを確認できます。
2 表示切り替え 下([3])の画面に表示する内容を[プレビュー]、[変換ログ]、[表示しない]のうちから選択できます。初期設定は変換中の動画を表示する[プレビュー]になっています。[変換ログ]を選択すると、個別のファイルの変換ログ情報を確認できます。[表示しない]は、プレビューもログ情報も表示しない設定です。GOMソフトウェアのロゴが表示されます。
3 表示画面 上([2])で設定した[プレビュー]、[変換ログ]、[表示しない(GOMソフトウェアのロゴ)]のいずれかをこの部分に表示します。
4 個別の進行状況 ファイルごとの経過時間、変換速度、残り時間などが表示されます。
[入力ファイルの変換完了時間 / 入力ファイルの合計時間 (PASS - 終了%),残り時間] [変換速度(X倍) , ファイルサイズ , 経過時間]
5 全体の進行状況 複数のファイルの同時変換(マルチエンコーディング)を行う場合に全体の変換状況が表示されます。
[経過時間 / 予測完了時間 (終了%)]
6 一時停止/再開 変換を一時停止/再開します。一時停止中にはボタンが[再開]に変わります。
7 キャンセル 変換をキャンセルします。ボタンを押すとキャンセル確認画面が表示され、下記の選択を行います。
※下記の選択をするまでは変換はキャンセルされずに進行します。
  • [はい] - 変換をキャンセルします。
  • [途中で完了(ファイルを保存)] - 変換を途中で完了します。キャンセルした時点までに変換されたファイルを保存します。
  • [いいえ] - 変換のキャンセルをやめます。
8 ログをコピー 変換ログをコピーします。クリップボードに保存されますので、メモ帳などに貼り付けることができます。[1]の変換ログと同じ情報をコピーできます。
9 保存フォルダ 出力ファイルの保存フォルダを開きます。
10 変換後の動作 変換後の動作を設定します。
  • [なにもしない]
    変換終了後に何も行いません。
  • [iTunesのライブラリに追加する(.MP4ファイルのみ)]
    チェックをすると変換したファイルを変換後に自動的にiTunesのライブラリに登録することができます。変換後にすぐにiTunesからiPadやiPhoneなどにファイルをコピーできる設定です。
    ※MP4形式(コンテナ)の拡張子MP4,M4Vのファイル出力時のみ有効です。ファイルはGOM Encoderで設定した保存先に出力されます。
  • [対象フォルダにファイルを移動する]
    チェックをしてフォルダを設定すると、変換したファイルを指定したフォルダに自動的に送信できる機能です。例えばPSPをPCに接続してPSPの保存先フォルダを登録したり、携帯電話用microSDカード内の保存先フォルダを登録しておくと、PSPや携帯電話へ直接転送することが可能になります。この設定を使用した場合、出力ファイルは[保存先フォルダ]には残りません。
    ※登録された保存先はGOM Encoderのアンインストールまで消えません。
  • [対象フォルダにファイルをコピーする]
    チェックをしてフォルダを設定すると、変換したファイルを指定したフォルダに自動的に送信できる機能です。例えばPSPをPCに接続してPSPの保存先フォルダを登録したり、携帯電話用microSDカード内の保存先フォルダを登録しておくと、PSPや携帯電話へ直接転送することが可能になります。この設定を使用した場合、出力ファイルは[保存先フォルダ]に残したまま、設定したフォルダにコピーが保存されます。
    ※登録された保存先はGOM Encoderのアンインストールまで消えません。
11 対象フォルダ 上([10])の[対象フォルダにファイルを移動する]と[対象フォルダにファイルをコピーする]の対象フォルダが表示されます。[設定]ボタンから対象フォルダを設定し、[開く]ボタンからは対象フォルダ開きます。
12 シャットダウン
設定
チェックをすると実行中の変換が終了すると自動的にPCをシャットダウンします。長時間のファイルや多くのファイルを一度に変換する場合などに使用します。
13 表示設定 変換中および変換後のさまざまな表示について、設定します。
  • [最小化時には通知領域に表示]
    チェックをするとGOM Encoderを最小化したときにWindowsの通知領域にアイコンが格納されます。
  • [変換失敗時にポップアップメッセージを表示]
    初期設定では変換失敗時にメッセージを表示しますが、チェックをはずすとメッセージを非表示にします。
  • [変換完了時にポップアップメッセージを表示]
    初期設定では変換完了時にメッセージを表示しますが、チェックをはずすとメッセージを非表示にします。
  • [音でお知らせ]
    [変換失敗時にポップアップメッセージを表示]、[変換完了時にポップアップメッセージを表示]にチェックを付けた場合に、このチェックを付けると音とポップアップメッセージでお知らせします。
14 処理優先度 GOM Encoderの処理優先度を設定します。通常は[低い]になっていますが、[通常][通常以上]に変更することでPCには負荷がかかりますが[低い]よりも若干高速で変換をおこなえます。
プレビュー画面説明ページへ
ページの先頭に戻る