Twitter、FacebookのIDでGOMサービスを使う

ログインしたままにするSSL

ログインでお困りの方

新規会員登録

SNSアカウントでログインする

閉じる

GOM Encoder

動画変換GOM Encoder iPad, iPhone, iPod, GALAXY S Androidスマートフォン, PSPなどの動画を作成。

iPod用の動画を変換し、iPodへ転送して再生するまでの詳しい解説。

iPod用動画の変換&保存操作

iPodに動画ファイルを転送して再生するためには、必ずiPod付属のソフトであるiTunesが必要です。GOM Encoderで作成したMP4動画ファイルをiTunesに転送(登録)し、iTunesを使ってiPod本体に動画ファイルを送るようになります。

iPod用の動画ファイルの作成(変換)〜iPod本体への転送

GOM Encoder 無料ダウンロード

1.GOM Encoderを起動し、メイン画面の[プリセット設定]ボタンを押します

プリセット選択ボタン

2. iPod用のプリセットの[Apple]-[iPod All Normal]を選択します

iPodプリセット iPodプリセット2

プリセット選択ボタンの表示が変わります

3. iPodで再生したいFLVやAVI動画ファイルをメイン画面に登録します

ドラッグ&ドロップで登録
※複数の動画ファイルを一度に登録して一括で変換することも可能です

4. メイン画面の[開始]ボタンをクリックします

開始ボタンをクリック

5. 動画変換中にオプションの[iTunesのライブラリに追加する]にチェックを入れます

→動画変換がスタートすると変換プレビュー画面が表示され設定できます。

iTunesライブラリに追加

6. [完了画面]が表示されたら、[OK]ボタンを押して動画ファイルの作成(変換)を終了する

完了ウィンドウOK
※変換完了までに約10秒ほど時間を要する場合がございます。

7. 変換完了後にiTunesが自動的に起動し作成(変換)したMP4動画がTunesに自動追加されます

→iTunesの[ライブラリ]-[ムービー]をクリックすると追加されたMP4動画を確認できます

動画ファイルがiTunesに自動追加

8. 音楽ファイルをiPodに転送する場合と同じ操作で、作成(変換)した動画を本体に転送します

動画をiTunesからipodへ移す

※これは手動で同期を行う設定の場合の例になります。
自動同期の設定の場合は接続と同時に動画がiPodへ転送されます。

ipodビデオメニュー

9. iPodをパソコンから取り外し、本体[ビデオメニュー]から転送した動画を選択し再生を確認します

転送終了

※iPodのメインメニューの[ミュージックメニュー]から動画ファイルを選択、再生した場合やプレイリストの[最近追加した項目]から動画ファイルを選択、再生した場合には、動画ファイルが音声ファイルとして扱われて音声のみが再生されます。
動画として再生する場合にはメインメニューの[ビデオメニュー]から選択、再生をしてください。

以上の操作でiPod用の動画ファイルの変換〜転送〜再生の完了です。追加保存したい動画ファイルがある場合には同じ手順でiPod本体に動画ファイルを追加してください。

補足 | iPod用プリセットの種類の違い

GOM Encoderでは現在下記の5種類のiPod用のプリセットが用意されています。

プリセット名 コーデック 画面サイズ ファイルサイズ※1
[60分の動画の場合]
iPhone/iPodTouch[AVC] AVC+AAC 480x320 約180MB
iPhone/iPodTouch Normal AVC+AAC 480x320 約270MB
iPhone/iPodTouch/iPod(6G)/nano/Ultra[AVC] AVC+AAC 640x480 約250MB
iPod All[AVC] MPEG-4+AAC 320x240 約110MB
iPod All Normal MPEG-4+AAC 320x240 約155MB
※1 720x480 29.97fps MPEG2(8300kbps)+LCPM(1536kbps 48kHz)のMPEG-2ファイル変換時の例です。
入力ファイルにより変換作成されるファイルのファイルサイズは大きく変動します。

※iPhone/iPodTouchはiPod用プリセットで作成したものも再生することができます。比較的ファイルサイズが小さいMP4ファイルを たくさん保存できますが、映像の画面サイズが小さくなります。好みで使い分けてください。

高品質プリセットはこちら
ページの先頭に戻る