動画の映像部分に関する設定。

カスタマイズ > ビデオ

ビデオ設定画面の項目

No 名称 説明
1 サイズ 出力するファイルのサイズを変更できます。予め設定されているものから選択したり、任意の数値を入力して設定が可能です。
  • [入力ファイルのサイズが設定より小さい場合は、変更しない]
    入力ファイルの縦、横の長さがともに設定より小さい場合は、入力されたサイズを適用せず、元のサイズのまま出力します。
2 リサイズ 上で設定した画面サイズに出力するための調整方法を選択します。
  • [余白を追加する]
    入力ファイルの画面のサイズより大きいサイズに変換する場合、余白を追加します。入力ファイルの画面サイズの比率は維持されます。
  • [映像をカットする]
    入力ファイルの画面のサイズより小さいサイズに変換する場合、はみ出す部分を切り取ります。入力ファイルの画面サイズの比率は維持されます。
  • [カット+追加]
    入力ファイルと出力ファイルの画面のサイズが異なる場合、はみ出す部分を切り取り、余白を追加します。入力ファイルの画面サイズの比率は維持されます。
  • [スマートリサイズ]
    入力ファイルに画面サイズとは別に、映像のアスペクト比の情報が含まれる場合、映像のアスペクト比を画面サイズより優先的に読み込み、映像のアスペクト比を維持したまま、余白を追加することにより、画面サイズのみを大きくしたり小さくしたりします。
  • [4:3 変換元の比率優先]
    入力ファイルの画面サイズの比率を意図的に4:3と決め、余白を追加することにより、設定した画面サイズで出力します。スマートリサイズで映像のアスペクト比を正確に認識しない場合や、本来映像が持つアスペクト比または入力元の画面サイズを4:3に変更した上で出力したい場合におすすめの設定です。
  • [16:9 変換元の比率優先]
    入力ファイルの画面サイズの比率を意図的に16:9と決め、余白を追加することにより、設定した画面サイズで出力します。スマートリサイズで映像のアスペクト比を正確に認識しない場合や、本来映像が持つアスペクト比または入力元の画面サイズを16:9に変更した上で出力したい場合におすすめの設定です。
  • [1.85:1 変換元の比率優先]
    入力ファイルの画面サイズの比率を意図的に1.85:1と決め、余白を追加することにより、設定した画面サイズで出力します。スマートリサイズで映像のアスペクト比を正確に認識しない場合や、本来映像が持つアスペクト比または入力元の画面サイズを1.85:1に変更した上で出力したい場合におすすめの設定です。
  • [2.35:1 変換元の比率優先]
    入力ファイルの画面サイズの比率を意図的に2.35:1と決め、余白を追加することにより、設定した画面サイズで出力します。スマートリサイズで映像のアスペクト比を正確に認識しない場合や、本来映像が持つアスペクト比または入力元の画面サイズを2.35:1に変更した上で出力したい場合におすすめの設定です。
  • [比率維持せず出力サイズに合わせる]
    入力ファイルと出力ファイルのサイズが異なる場合、比率より出力サイズを優先し、設定した出力サイズに合わせて拡大・縮小します。比率は維持されません。
3 リサイズフィルタ サイズを変更した場合に、使用するリサイズフィルタを[バイリニア]、[バイキュービック]、[ランチョス]、[イメージリサンプリング]の中から選択します。出力画面サイズを変更しない場合は、この設定は影響しません。
4 フレームレート 映像のフレームレートを設定できます。
  • [入力元のフレーム数を優先する]
    変換時に入力ファイルのフレーム数を参照し、入力ファイルのフレーム数が設定したフレーム数より小さい場合、設定したフレーム数を無視し、入力ファイルのフレーム数のまま出力する設定です。この設定は、フレーム数を上げた場合にカクカクしたように見えるのを防ぐためのものです。
5 映像設定 映像にカラー効果を与えます。スライドバーと0〜100の数値の直接入力による指定が可能です。ボタンを押して初期値に戻すことが可能です。
  • [明るさ] 映像の明るさを調整します。
  • [対比] 映像のコントラストを調整します。
  • [彩度] 映像の鮮やかさを調整します。
  • [色合い] 映像の色合いを調整します。
6 映像効果 映像に効果を加えます。
  • [ブロック除去] 映像のブロックを除去します。
  • [ソフト] 映像をソフトにします。
  • [シャープ] 映像を鮮明にします。
  • [デインターレース] 横線状のノイズを軽減します。
  • [反転] 上下:映像を上下さかさまに出力します。 左右:映像を左右さかさまに出力します。
  • [回転(時計回り)] 入力ファイルを、時計回りに回転して出力します。
[ブロック除去][ソフト][シャープ]は[強]にチェックをすることで効果を高くすることができます。
[反転]と[回転(時計回り)]は同時に使用できません。上下と左右を同時に反転させるのと、180度回転とは同じ結果になります。
ページの先頭に戻る