動画からプリセットを作成する機能

便利な機能 > 動画からプリセットを作成する

GOM Encoderの一部として含まれるGOM Readerを使うと、以前に変換した動画ファイルや動画共有サイトなどからダウンロードした動画ファイルを使って、プリセットを作成することができます。
手元にあるファイルと同じスペックの動画ファイルを変換したい場合にご活用ください。

  1. GOM Encoderのメイン画面で[ファイル情報]をクリックする
  2. メイン画面で[ファイル情報]をクリック

  3. 一番左の虫めがねとファイルのアイコンをクリックし、([ファイル]-[ファイルを開く]を選択する、またはキーボードの[Ctrl]+[O]を押下する)調べたい動画ファイルを選択する

    ファイルを開く

    ファイルの選択

  4. [プリセット]をクリックする
    ※動画ファイルが分析できたら、[テキスト]または[ツリー]の表示領域に、ファイルの情報が表示され、[プリセット]がクリック可能になります。

    [プリセット]をクリック

    複数の動画ファイルを同時に分析した場合は、セレクトボックスでファイルを一つ選択してから[プリセット]をクリックしてください。
  5. プリセット設定画面で、設定を確認し、必要に応じて編集する
    画面サイズとコーデック以外の項目は編集可能です。 また、プリセット名、プリセットの説明は必須です。
  6. すべての項目について確認、入力し、[保存]をクリックする

    プリセット設定画面

    作成したプリセットファイルは自動的にGOM Encoderに追加されます。プリセットリストの[オリジナル]にて作成したプリセットが確認できます。

    プリセット管理

元の動画の形式がGOM Encoderで対応していない出力形式の場合、プリセットは作成できません。

元の動画のコーデックがGOM Encoderで対応していないコーデックの場合、出力形式によっては、対応しているコーデックに変更してプリセットを作成します。

ページの先頭に戻る