プリセットファイルの概要、編集方法について。

プリセット > プリセットの編集

GOM Encoderでは[出力設定]画面で、MP4、AVI、WVM、OGM、FLV、MP3、M4Aなど動画や音声の拡張子(ファイル形式)を選択して、出力することができますが、iPad、iPhone、WALKMAN、PSP、Androidスマートフォン、ガラケーなど、よく使われている機種で再生できる形式に変換するための最適な設定をプリセットとして搭載しています。
初期設定されているプリセットをカスタマイズして、お好みの設定を保存したり、ダウンロードしたプリセットファイルを追加したりすることも可能です。
映像サイズを変えたり、画質、音質などを変更できます。

STEP 1 既存のプリセットを修正する方法

  1. メイン画面で[プリセット設定]をクリックして、プリセットリストを開きます。

    プリセット設定をクリック

  2. 修正したいプリセットを選択ます。
  3. [適用]をクリックし編集したいプリセットを選択します。

    カスタマイズするプリセットを選択

  4. ※使用中の設定を編集するには、メインウィンドウの[出力設定]をクリックします。

    適用中プリセットの設定を編集

  5. たとえば、ビデオ品質をスライドバーで変更したり、オーディオのフォーマットをプルダウンメニューから変更したりできます。

    適用中プリセットの設定を編集

STEP 2 プリセットの編集と保存方法

カスタマイズした設定で変換をしたあとには、設定は一時的に記憶され、次回起動時にはその設定が適用されます。ただし、アンインストールをしたり、さらにその設定をカスタマイズする場合には、以前の設定は保存されませんので、設定を残したい場合は、プリセットとして保存しておくと便利です。

  1. 出力設定画面で、プリセットとして保存したい設定をします。
  2. [プリセット管理]をクリックします。

    出力設定画面でプリセット管理をクリック

  3. [追加]をクリックします。
  4. 任意のプリセット名をつけます。ファイル名も自動的に決まります。
  5. [確認]をクリックします。

    プリセットリストに追加

  6. プリセットリストの[オリジナル]フォルダに、編集したプリセットが追加され、以後いつでもこのプリセットを使うことができます。

    カスタムプリセットの確認

プリセットの管理説明ページへ
ページの先頭に戻る