ログインしたままにするSSL

ログインでお困りの方

新規会員登録

SNSアカウントでログインする

閉じる

GOM Player

MP4やFLV動画の再生ソフトGOM Player公式サイト。DVD AVI RM MOV TS などに再生対応。

動画の仕様や概念などをわかりやすく掲載。

動画の知識 > 動画とは?

動画ってなに?

一般的に理解することが難解だと言われている、動画ファイルの仕様について分り易くまとめたページです。

知らなくてもGOM Playerを利用するうえで特に不便を感じることはありません。このような理屈を理解せずに多くの動画ファイルを再生できる点が、GOM Playerの最も優れた特長と言えます。

動画ファイルに興味がありましたら参考にしてください。

動画ファイルの特殊な仕組み

動画ファイルとは、一般的な文字情報ファイルや画像ファイルとは異なるファイルです。例えば拡張子が.txtのファイルはメモ帳で開くことができますし、拡張子が.docのファイルはMicrosoftのOffice Wordで開くことができます。

このようにパソコン上では、「ファイルの拡張子」=「再生(閲覧)・編集が出来るソフトウェアを表す印」という図式が成り立ちますが、動画ファイルではこの図式が成立たない場合があります。

拡張子イメージ

動画ファイルの構成

動画ファイルの構成イメージ

動画ファイルをGOM Playerなどのソフトウェアで再生すると、映像に加えて同時に音声も再生されます。動画ファイルの場合、基本的に「映像データ」と「音声データ」という二種類のデータが組み合わされており、同時に再生されることで「正常な動画」として見ることができています。

「映像は見れるが音がでない」「音だけが流れて画面が真っ黒」という事があるのはこの仕組みによるものです。

動画ファイルを再生する場合、再生するソフトウェアが動画ファイルの【拡張子】を絶対的な基準に「再生できるか、できないか」を判断しているわけではありません。

動画における【拡張子】は、「映像部分を再生できるか」「音声部分を再生できるか」という二つの判断を行う上の、おおまかな基準になっています。
この点が一般的な文書ファイルや、静止画の画像ファイルと動画ファイルが大きく異なる部分です。

コンテナとは?

動画ファイルは「映像」と「音声」という二つのデータが格納されていますが、この2つのデータを格納した動画ファイルのことを一般的には「コンテナ」(箱)と呼びます。「映像データ」と「音声データ」が入った容器のようなもので、動画ファイルは必ずなんらかのコンテナ(箱)です。

コンテナのパッケージイメージ

コンテナには多くの種類があり、それぞれで格納できる「映像データの種類」「音声データの種類」が異なるなど、コンテナごとのルールを持っています。つまり、動画ファイルの場合には、この「コンテナの種類」を表すものが「拡張子」なのです。

例えば拡張子が.aviのファイルであれば、そのファイルのコンテナはAVIであることがわかり、拡張子が.asfであればコンテナはWMVである、ということがわかります。動画ファイルの拡張子はコンテナの種類を識別するための目印の役割を果たしています。

※コンテナの種類によっては、字幕データなど映像や音声とは別種のデータが格納されていたり、違う種類の音声データが複数格納されているものもあります。

コンテナイメージ

映像/音声データの圧縮・解凍

動画ファイルの映像データは、実は静止画(写真)の集合体です。
紙芝居や、ペラペラマンガのように1枚1枚の静止画が順番に表示され、動く映像として再生されています。そのため、動画の映像データには何千枚、何万枚もの静止画が格納されている仕組みになります。

この静止画の集合体である映像データは、そのままの状態(非圧縮状態)では、とても大きなファイルサイズになってしまいます。例えば一枚500KBの静止画を集合させた1時間の映像データが何十GBなどになってしまう事もあるでしょう。

そのため、動画ファイルは基本的に「圧縮」されている状態で取り扱われています。「圧縮」することで非圧縮状態よりファイルサイズを1/100や1/1000のファイルサイズで取り扱えます。

圧縮イメージ

もちろん、「圧縮」された映像データは非圧縮状態のデータと比較すると、画質の品質が落ちてしまうものとなりますが、これまで技術の進歩により圧縮しても画質の品質の低下を軽減する圧縮方法が次々と開発されています。例えば圧縮によりファイルサイズを1/100まで小さくしても、非圧縮状態と比較して画質がほとんど劣化しない圧縮方法などが普及しています。

しかし、この「次々と開発された圧縮方法」は日を追うごとに新しい方法が開発されているために様々な種類があり、それぞれの圧縮方法にて圧縮された映像データは、それぞれに対応した「鍵」がなければパソコンなどでは再生することができません。「鍵」を使って圧縮されたものを解凍(再生)する必要があります。この「鍵」となるものが次で説明する「コーデック」です。

HINT

映像と同じように動画ファイルに含まれる音声データも多くの場合は圧縮されています。
MP3も非圧縮状態の音声データを圧縮した音声データのみのファイル形式です。

HINT

DVD-Videoやブルーレイディスクに収録されている映像や音声のデータも、同じように圧縮された状態で格納されています。

コーデックとは?

内蔵コーデックイメージ

動画ファイルをGOM Playerで再生した際、再生しているのはGOM Playerになりますが、厳密にはGOM Playerだけでは再生をしていません。GOM Playerが「コーデック」と呼ばれる「鍵のような別のプログラム」を使用して再生しています。圧縮された動画を「解凍」して再生するためです。

GOM Playerのみならず、動画再生ソフトは必ず単体では動画ファイルを再生できず、映像データと音声データという2つの扉がある箱を、それぞれの扉に対応した鍵(コーデック)を使って開けている(再生している)、という表現がわかりやすいかもしれません。

例えばA(扉A)という圧縮形式により圧縮された映像データをパソコンで再生するためには、Aを解凍する(再生する)ための「鍵(コーデックA)」が必要です。B(扉B)という圧縮形式がとられている音声データを再生するためには、Bを解凍する(再生する)ための「鍵(コーデックB)」が必要です。

映像・音声を再生するための鍵(コーデック)は、購入したパソコンに入っているものではありません。数ある圧縮形式に対応している、数あるコーデックをそれぞれ入手してパソコンにインストールする必要があります。通常このコーデックが全くない状態ではパソコン上で動画ファイルを再生することができません。

動画とコーデックの関係イメージ

HINT

Windowsを提供しているMicrosoftが開発したものや一般的なものなど、いくつかのコーデックはWindowsに含まれています。

HINT

市販の動画再生ソフトはパソコンにインストールすると、同時にいくつかのコーデックがパソコンにインストールされて再生できる仕組みです。

HINT

youtubeやニコニコ動画などの動画共有サイトの動画は、Internet Explorerなどで簡単に再生できますが、Internet Explorerなどで再生している状態の場合には、Flash Playerという再生ソフトにより、Flash Playerとセットのコーデックで再生されています。パソコン上にコーデックがあるために再生できているわけではありません。
また、Flash Playerのコーデックは他の再生ソフトで流用できません。

コーデックの入手

現在ではインターネットの普及により、インターネットを利用してほとんどのコーデックを無料でダウンロード、インストールすることができます。しかし、開発元は海外の会社や団体であることが多く、配布サイトやインストールプログラムは殆どが英語表記です。

また、再生できない動画ファイルがあった場合、どのような圧縮形式の動画ファイルであり、どのようなコーデックが必要であるか、という情報は「動画解析ソフト」を使わなければ判別することができません。そのため、コーデックの入手はとても複雑で難解な操作となってしまっています。

しかし、GOM Playerはこのように本来入手が難解なコーデックをGOM Player自体が内蔵しています。GOM PlayerをパソコンにインストールすることでGOM Playerと一緒にコーデックがパソコンにインストールされ再生できます。

実際にはGOM Playerをパソコンにインストールすると、様々なコーデックが一緒にインストールされるわけではなく、様々な圧縮形式に対応したGOMオリジナルのコーデックがパソコンにインストールされます。マスターキーのようなもので、現在普及しているほとんどの圧縮形式の映像データ・音声データを再生することができます。

このコーデックの内蔵システムにより、コーデックの知識がなくともGOM Playerだけがあれば動画を再生できる、という理由が現在多くのユーザーにGOM Playerが利用されている最大要因になります。

尚、現在普及している動画ファイルの一部の圧縮形式は、ライセンス(著作権)の都合によりGOM Playerの内蔵コーデックで対応できていないものもあります。内蔵コーデックで再生できない動画ファイルをGOM Playerで再生する場合には別途コーデックのインストールが必要になりますが、GOM Playerで再生できない場合には「必要なコーデックのガイドページ」が表示されます。このガイドページもGOM Playerの便利な特長のひとつです。

様々なコーデックを内蔵するGOM Player

HINT

様々なコーデックを一度に入手できる方法として「コーデックパック」というものがあります。一度のインストールで様々なコーデックをパソコンにインストールできるプログラムです。
この中にGOM Playerの内蔵コーデックが対応していないコーデックも含まれている場合がありますが、ほとんどはGOM Playerの内蔵コーデックが対応しているので、GOM Playerを利用する場合にはあまり必要としません。
逆にコーデックパックのインストールによりパソコンにインストールされたコーデックがGOM Playerと干渉してしまうことがあり、GOM Playerで再生できるはずの動画ファイルが再生できなくなる場合があります。そのためGOM Playerを利用される場合にはコーデックパックのインストールは推奨しません。

ページの先頭に戻る