GOM Playerのアップデート情報やサービスについてのニュースを掲載しています。最新バージョンで再生対応した拡張子やコーデック、機能追加の情報などを確認できます。

お知らせ

リストに戻る 前へ 次へ

GOM Playerアップデートのお知らせ[Ver2.2.64.5211]

掲載日 : 2014-10-02
VIEW : 78247

平素よりGOM Playerをご利用いただき、誠にありがとうございます。
10月2日にGOM Playerのバージョンアップを行いました。

アップデート実施時、自動アップデートサーバーが混雑する場合もございます。2.2.62.5209バージョン以下をご利用の場合に、「現在のバージョンは最新バージョンです。」と表示される場合は、ここから新規でダウンロードをしてから、上書きインストールを行ってくださいますようお願いいたします。

変更事項は以下の通りです。

環境設定バックアップ機能の追加

GOM Playerの環境設定画面の設定を.regファイルとして出力する機能を追加しました。 環境設定画面にて、[環境設定バックアップ]ボタンを押すと、.regファイルが出力されます。.regファイルをダブルクリックすると、バックアップした環境設定がいつでも復元できます。.regファイルを別のPCにコピーした場合も同じ方法で環境設定が復元できます。
※環境設定画面で設定できる機能のうち、一度GOM Playerを終了すると解除される機能(回転、反転など)に関する設定は保存されません。

GOM 2.2スキンのアップデート

以下の通り、初期設定のGOM 2.2スキンのアップデートを行いました。

  • [常に最前面に表示]ボタンの追加
    クリックするたびに、[常に最前面に表示]、[再生時のみ最前面に表示]、[最前面表示解除]に切り替わります。
  • [再生画面の保存](静止画キャプチャー)ボタンの追加
    動画再生中にクリックすると、[再生画面の保存]ができます。従来のショートカットキー[Ctrl+E]も使用できますが、再生中にマウスのみでキャプチャーを行いたい場合に便利です。

GOM Player[Ver2.2.62.5209]で発生していた問題の解決

GOM Player[Ver2.2.62.5205]、[Ver2.2.62.5207]、[Ver2.2.62.5209]において発生していた下記の問題を解決、あるいは性能向上のための修正を行いました。

  • 映像の出力方式が[Enhanced Video Renderer]の場合に、ドラッグにより、再生画面サイズを変更すると、強制終了になっていた問題を修正しました。
  • 映像の出力方式が[Enhanced Video Renderer]の場合に、パン&スキャンで再生画面サイズを変更すると、再生画面が真っ黒になり、映像が表示されなくなっていた問題を修正しました。
  • 一部のフレームが正常に再生できなかったdivxファイルが正常に再生できるように修正しました。
  • 一部のSWFファイルの再生時に、キーボードの機能がGOM Playerのショートカットキーとして動作し、SWFファイル内の操作に割り当てられない問題を修正しました。
  • Windows Vistaにおいて、Windowsの[タスクバーを自動的に隠す(U)]設定をしている状態で、Windows Explorerから、動画ファイルをダブルクリックして、GOM Playerを起動し、再生を開始したあとで、[最大化表示(余白追加しない)]、[最大化表示(余白追加)](ショートカットキー:[5][6]およびタイトルバーボタン右から2つ目)の操作を行うと、タスクバーが表示され続けていた問題を修正しました。

モニターの端にGOM Playerを移動したとき、画面を最大化するオプションの追加

モニターの端にドラッグでGOM Playerを移動したとき、画面を最大化する機能がありましたが、これを解除する手段がなかったため、[モニターの端にドラッグでGOM Playerの画面を移動した場合に最大化する]オプションを追加しました。
初期設定はチェックが入った状態ですが、[環境設定]画面の[再生]メニューの[再生]タブにてチェックを外すことが可能です。

字幕表示機能の改善

以下の通り、既存の字幕表示機能の向上および問題の修正を行いました。

  • 映像の出力方式が[Enhanced Video Renderer]の場合に、環境設定画面の[字幕]メニューの[ナビメッセージ]タブにて、[オーバーレイ]表示が選択できなかった問題を修正しました。
  • 一部のMKVファイルのASS/SSA形式の韓国語や中国語の字幕が、文字化けしていた問題を修正しました。
  • 複数の字幕が含まれる、一部のidx/sub形式の字幕ファイルが正常に認識できなかった問題を修正しました。

初期設定の映像出力方式を変更

初期設定の映像出力方式を[VMR9 - Renderless mode]から[Enhanced Video Renderer]に変更しました。

このオプションは環境設定から任意で変更することが可能です。

遮断フィルタの追加

GOM Player内部のデコーダーと競合する可能性が高いデコーダーやフィルタを遮断リストに追加しました。

GOM Player環境設定ウィザードの廃止

GOM Player環境設定ウィザードを廃止しました。GOM Player環境設定画面(F5)をご利用ください。

その他の問題の修正

その他、文言の修正、不具合の修正を行いました。

【デジタル署名について】

GOM Player[Ver2.2.64.5211]のインストールプログラムおよび実行ファイルの正式なデジタル署名は以下の通りです。

ファイル名署名者名タイムスタンプ
GOMPLAYERJPSETUP.EXEGRETECH2014年10月2日16:05:54
GOM.EXEGRETECH2014年10月2日14:33:26


リストに戻る 前へ 次へ