GOM Playerにはハードウェア(CPUやグラフィックボード)のデコーダーを使用して再生する機能があります。

便利機能 > ハードウェアデコーディング

PCのハードウェアが条件を満たす場合、ハードウェアデコーダーを使って再生することができます。通常はGOM Player(ソフトウェア)でデコーディングして再生しますが、ハードウェアデコーディングの機能を使用すると、PCへの負荷を抑えることができます。

[環境設定]画面の[フィルタ]メニューの[コーデック]タブで[ハードウェアデコーダーを使う]のチェックを入れ、[詳細設定]をクリックすると、各デコーダーの使用について詳細な設定ができます。

[自動 - 選択したハードウェアデコーダーのうち、最適のものを自動で使用する(推奨)]

選択したハードウェアデコーダーのうち、最適のものを自動で使用する
デコーダー名 デコーダーの特徴
DXVA 2.0 DXVA(ダイレクトエックスビデオアクセラレーション)とは、WindowsのPCで映像や音声を処理するDirectXの拡張機能の一つで、グラフィックカードの動画処理支援機能を活用するためのものです。
DXVAを使用するとCPUの負荷が軽減されるため、コマ落ちの低減や画質の向上につながります。
[DVVA2.0 Native使用]を使用中に、映像の出力形式を[EVR - Custom Presenter]、[Enhanced Video Renderer]に設定すると、画面キャプチャーや回転・反転などの機能が正常に使用できません。
Nvidia CUVID Nvidia CUVIDとは、NVIDIAグラフィックスカード(GeForceのGPUなど)に搭載されたビデオデコーダーで、CUDAデコーティングとも呼ばれます。
NVIDIAグラフィックスカードのGPGPU技術「CUDA」を利用し、CPUに負荷をかけずにデコードすることができます。読み込み速度はやや遅めですが、CPUの負荷を軽減できるため、高速なデコードが可能になります。画質が向上する場合もあります。
Intel QuickSync クイック・シンク・ビデオとは第4世代インテルCoreプロセッサー(Sandy BridgeやIvy Bridgeなど)に内蔵された機能です。デコードとエンコードを行う際に、CPUに内蔵のグラフィック機能(Intel HD Graphics)を利用する技術です。
これまでソフトウェアで処理していたデコードの過程をCPU内部で処理することにより、処理速度が向上します。
Intel HEVC Software Pack H.265(HEVC)とは、H.264/MPEG-4 AVCの後続の新しい圧縮形式です。
H.265/HEVCは従来のAVC/H.264の約2倍のデータ圧縮率を有するため、デコードにも時間と負荷がかかります。H.265/HEVCのデコードに最適化されたIntel HEVC Software Packを使うと、CPUの負荷が軽減され、処理速度が向上します。

[指定 - コーデックごとに指定する]

動画のコーデックにより、設定可能なデコーダーが異なります。コーデックごとにGOM Playerの内蔵デコーダーを使用するか、特定のハードウェアデコーダーを使用するかを設定できます。

コーデックごとにデコーダーを指定する
H.264
H.264コーデックを持つ動画を再生する時に、内蔵デコーダーではなくハードウェアデコーダーを使用する場合には、[Nvidia CUVID Decoder]、[Intel QuickSync Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder(Copy-back)]の中から選択します。
HEVC
H.265(HEVC)規格で圧縮されている動画ファイルを再生する時は、内蔵デコーダー以外に[Intel HEVC Software Pack]を使用することができます。
MPEG2
MPEG2コーデックを持つ動画を再生する時に、内蔵デコーダーではなくハードウェアデコーダーを使用する場合には、[Nvidia CUVID Decoder]、[Intel QuickSync Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder(Copy-back)]の中から選択します。
MPEG4
MPEG4コーデックを持つ動画を再生する時に、内蔵デコーダーではなくハードウェアデコーダーを使用する場合には、[Nvidia CUVID Decoder]、[Intel QuickSync Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder(Copy-back)]の中から選択します。
VC-1
VC-1コーデックを持つ動画を再生する時に、内蔵デコーダー以外に[Nvidia CUVID Decoder]を使用することができます。
XVID
XVIDコーデックを持つ動画を再生する時に、内蔵デコーダー以外に[Nvidia CUVID Decoder]を使用することができます。
MPEG1
MPEG1コーデックを持つ動画を再生する時に、内蔵デコーダーではなくハードウェアデコーダーを使用する場合には、[Nvidia CUVID Decoder]、[Intel QuickSync Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder]、[DXVA 2.0 Decoder(Copy-back)]の中から選択します。
ページの先頭に戻る
天下無敵の dodge大会 忙しい人は やらないでください